「仕事ができる人」の本質は“仕事を自分ごと”にしている人

「あの人は仕事ができるよね〜」
「仕事のできる人、大好き!」

と、「仕事のできる人」という属性について会話がなされることが多いビジネスの世界。

まー、本当にこれは違和感なんですよね。「仕事ができる人」って、最初からできる天性の人、みたいなじゃないですか。

いやいや、結果的にできるようになった人なんだって。そういうことを伝えたい記事です。

 

「仕事ができる」は仕事を“自分ごと化”している

自分のブログで自分を讃えるのは、胸糞悪すぎますがw、大変僭越ながら僕も「仕事ができる人」と言われることがあります。ありがたいことなのですが、一方で僕のことを表現するのに「仕事ができる人」は大いなる間違いがあると思っています。

正確に表現するならば、「覚悟を決めて仕事に取り組んでいるので、仕事ができるようになった人」だと思っています。

「仕事ができる」の本質は、その仕事を“自分ごと”として取り組んでいるかどうかだけ。

仕事を“自分ごと”にするとどうなるか。自分のことだから、責任は全て自分にくる、だから全てのことに気が回り、やれることをやり尽くすわけです。

例えば、自分の家の引越しなんて“自分ごと”の代表ですね。サボって段取りしないと、めちゃくちゃ大変になるし、何もしなければ当日に引越しが完了しなくなるw

そうならないように、電気の手配は済んでいるか、郵便の転送は大丈夫か、などのマルチタスクをこなす必要性がいやでも出てくるわけです。

仕事も全くおなじ。“自分ごと”としてしまえば、細部に渡っていろんなことが心配になるんです。最悪の結末に向かわないために先回りや段取りに全力を注ぐ。結果、「よくそんなところまで気がまわるね」と「仕事ができる人」と評されるわけです。

 

「仕事ができる人」には誰でもなれる

で、今日一番言いたかったのは、「仕事ができる人」には誰でもなれるということ。

「仕事ができる」は結果であって素質ではないんです。先に述べたように、仕事を“自分ごと化”すれば、結果はついてくるし、他を凌駕する良質な仕事ができます。

その仕事に対して、どこか一線を置いていたり、他人事で見ている人に負けるはずがないんです。

他人の引越しと自分の引越し、どっちがちゃんと進められるかなんて明白ですよね。仕事を全部“自分ごと化”しちゃえばいいんです。

 

仕事の“自分ごと化”は全部じゃなくても良い

「全部の仕事をそんなに“自分ごと”にしたら大変だ!」という声も上がりそうですが、何も“自分ごと化”するのは全部じゃなくていいんです。自分のできる領域を“自分ごと化”すればいいんです。

要は、目の前の仕事にコミットする(約束する、積極的に関わる)ってやつですね。

コミットした仕事を着実に進めていけば、結果的に「仕事のできる人」になるんだと思います。

 

覚悟を決めて、目の前のことを取り組んじゃいましょ。いい仕事をするために。

関連記事

  1. 言うは招く

  2. お金になる仕事だけを追いかけていると、クソつまらなくなるから気をつけた…

  3. テクノロジーが発達するほど、人の温もりが大切になる話 〜効率化の先にあ…

  4. プロジェクトで個人のパフォーマンスを最大化させるには「3人」がベスト!…

  5. 人は「リスク」にまみれて生きている。だったら取ってやろうじゃないか「リ…

  6. 「価値ありきの対価」時代について 〜オンランフェスの投げ銭で感じること…

  7. 自ら意志を持って支払うお金には「血が通う」 〜ZOZOの「送料自由」の…

  8. 自分にしかできないことへの集中

PAGE TOP