言うは招く

ここのところ、人によく「秩父で場づくりをしたんですよね〜」なんて話をしています。

先日書いたブログでもあった通り、地域が盛り上がる鉄則の一つに「場づくり」があります。それを実現させたくて、その夢を人に話したりするんです。

で、昨日もこの話を人にしていたら、なんかしばらく前に感じた感覚と同じだなって思ったんです。

 

「人に言う」ことで始まったローカルメディア『ちちぶる』

2015年の夏ころ(ちちぶるを立ち上げる8ヶ月くらい前)、地元に帰ろうかなーとぼんやりと考え始めた時、友人と地元の帰って何するの?なんて話す機会があれば、なんとなく「ローカルメディアとかやりたいんだよねー」と話していました。

ぶっちゃけ言うと、実はなんとなくそれっぽいことを言っていただけで、そこまで本気でローカルメディアをやろうと思ってなかったんです(笑)。

でも、気づいたら「ちちぶる」を立ち上げ、僕の活動の主軸となりました。

そう、人に言うことで、ぼんやり描いていたものが現実になったんです。今日感じた感覚はまさにこれ。

 

言葉にし、人に伝えると、どんどんイメージが鮮明になっていく

なぜ、人に伝えると物事が実現するのか。それはとてもシンプルで、3つのポイントがあると思います。

1つは、「人と会話をすることで、イメージがより鮮明になっていく」から。

「場づくり」をしたいって、人に話せば、「どんなとこでやりたいの?」とか「どうやってマネタイズするの?」と言った質問をいただけます。

その質問に向き合えば向き合うほど、やりたいことのイメージが実現可能なものになっていくんです。

「こんな場所で、だいたいこれくらの土地代かな、賃貸ならいくらで借りられそうだから、今の仕事の収入でなんとかなるか」みたいな感じで、細部にわたって、考えを巡らせることができます。

2つ目が、「人に話すと周りが動く」です。

やっぱり人に知ってもらうって大事ですよね。「ちちぶる」の時も、前職でお世話になった先輩にふとローカルメディアやりたいって話をしていただけで、最終的にサイトを作るサポートをしていただき、一気に「ちちぶる」を立ち上げることができたんです。(ちなみに「ちちぶる」は一日で作ったんですよw)

自分のやりたいことを人が認識してくれることで、「あ、そういえばあの人、こんなことやりたいって言ってたな」と情報や人が集まったりするものです。

物事を実現化させるためには、自分だけじゃなく他人にも動いてもらう、これが一番効率良いわけですね。

そして最後が、「人に話せば後には引けなくなる」です(笑)

いや、実際これとっても重要ですよ!やっぱり口に出した以上はやり遂げたいじゃないですか、口先だけって思われたくないじゃないですか(笑)

だから、人に話すんです。人に話して、自分を追い込む!そしたら、重い腰も上がりやすくなります。

 

「思う」だけでなく「言う」ことで夢は現実に

すっかり有名なった、北海道の植松電機専務のスピーチ動画。こちらの動画では、「思うは招く」と話していて、とてもとても感動した動画です。

そして僕が思ったのは「思うだけでなく言う」ことで招くことができるんじゃないかなってことです。

思って、言って、動く。そのサイクルが夢を現実へと変えていくんじゃないかって、そう思うんです。

そんなことを直感的に思った新年早々の日でした。

だから、僕の「場づくり」という夢はおそらく実現すると思います。楽しみだなー

関連記事

  1. 値段を下げることは価値じゃない。「価格競争」がいかに不毛かを解説

  2. 人は「リスク」にまみれて生きている。だったら取ってやろうじゃないか「リ…

  3. 【Web会議論】衰退へまっしぐらの時代遅れの企業・自治体に成り下がる前…

  4. テクノロジーが発達するほど、人の温もりが大切になる話 〜効率化の先にあ…

  5. やりたくないコトは「腐ったみかん」

  6. “ていねい”とは、いかに「相手に寄り添えるか」ということ

  7. 自分にしかできないことへの集中

  8. 余白を作れぬ愚か者の人生は衰退の一途をたどる話

PAGE TOP